11月 29th, 2017

40歳を超えたくらいから、味覚が変化してきました。

 
子供のころは、苦い味が苦手でしたが、年を取ると、味覚が変化して苦味を感じ無くなります。

 

子供が嫌いな野菜や、飲まない、コーヒーやビールなど美味しく感じます。

 
甘いものは、子供の頃から大人になっても変わらないので、普通に美味しいです。

 
コーヒーは、ブラックが甘い味がして、野菜も甘く感じます。

 
物が美味しく感じるのは、大人になってからです。

 
若い時は、アイスコーヒーにガムシロップやミルクを入れないと飲めませんでした。
好きな食べ物は、カレーライスやハンバーグといったお子様料理でした。
変わったのは、味覚だけではありません。
若い人にしか聞こえないモスキート音が聞こえなくなるので、雑音が聞こえなくなります。

 
昔の曲を聴くと、恐ろしいくらい、こんなに、唄が上手だったのかと思います。

This entry was posted on 水曜日, 11月 29th, 2017 at 9:25 AM and is filed under サンの日常話. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>