3月 9th, 2018

私が住んでいるところはまだまだ雪がたくさん積もっており、道路は狭くて歩きにくいのですが、それでも最近は暖かくて雪は減る一方なので春の訪れを感じています。
今回の冬の思い出は数年ぶりに雪がどっさり降ったことです。

 

ここ数年は雪が少なくて雪かきや屋根の雪下ろしはほとんどしなくて良かったのですが、今年は久しぶりにやりました。

 

 

我が家は2階建てで一番上の屋根にははしごで登るのですが、以前はしっかりと屋根に固定されていた専用のはしごがあったのに、いつの間にかそれがなくなっていて普通のはしごが立てかけてあるだけだったので昇り降りが怖くてなりませんでした。

 

そして雪かきは毎日やっても雪が積もってしまう時期があり、一度父の自動車が雪にはまってしまい家族総出で雪を掘って自動車が敷地に入って来れるようにしたりしたこともあります。

 
その冬ももう終わりなので感慨深い今日この頃でした。

This entry was posted on 金曜日, 3月 9th, 2018 at 10:45 AM and is filed under サンの日常話. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>