8月 30th, 2016 | No Comments »

私の両親は水虫持ちです。

元々は、父が水虫で、一緒に寝ている母が父から水虫をもらってしまったのです。

良く、家族に水虫がいると、家族全員感染するという話を聞きますが、私の場合は大丈夫でした。

 

姉も、水虫ではなかったはずです。

しかし、一緒に暮らしていたときは、両親の水虫をもらわずに済んだのに、結婚してから貰ってしまいました…。

 

帰省した時、たまたま母が日常的に履いていたスリッパを私も一時的に履いてしまったんです。

独身時代、スリッパなんて履かなかった私。

 

結婚して、夫の転勤地である寒い地域に引っ越ししてからスリッパを履くようになりました。

実家に帰省して台所に入るときに、ついそこにあった母のスリッパを素足で履いてしまったのがいけませんでした。

冷静に考えれば、水虫の母が素足で履いているスリッパ、絶対アウトですよね。

一度もらってしまった水虫は、水虫の薬を塗って完治したかと思われたのですが、夏場になると復活します。

親指の関節部分が白っぽくなり、痒くなるんです。

それで、薬を塗るのですが、薬の辞め時っていつが正解なのでしょう。

今回は本当に治っているといいなぁ。

来年の夏は、水虫が復活しないことを祈るのみです。

あと、実は爪水虫にもならないようにクリアネイルショットを予防的に今は使っています。爪にまで水虫が侵入してしまってはシャレにならないですからね。クリアネイルショットの【効果がない人※】と楽天、アマゾンの通販の解説では、爪に侵入するとかなりやっかいな事になるみたいだし。

Posted in サンの日常話
8月 21st, 2016 | No Comments »

最近下着を買ってなくて、新しい下着が欲しくて買い物に行きました。安くてかわいい商品を探していました。

 

いろいろみてまわりましたが、なかなか気に入る商品が見つかりませんでした。下着選びも難しいなーと思いました。意外と安くてかわいい下着って売ってないなーと感じました。

 

下着の専門店に行っても種類が少なく感じました。やっぱりインターネットショッピングの時代なのかなーと思いました。

 

私も探すのも大変なのでインターネットショッピングで下着を買おうと思います。

 

本当は、インターネットショッピングよりも実際に見て買いたいのですが、なかなかいい商品がないので、あきらめます。

 

インターネットでかわいい下着見つかるといいなーと思います。

 

普通のお店でもかわいいのがあれば、それでいいんですが、やっぱりネットショップの方が種類が豊富なので、そっちを見てしまうんですよね。

 

Posted in サンの日常話
8月 20th, 2016 | No Comments »

今まで、全く土地っていいほど、雨が降っていなかったにもかかわらず、ここにきて、台風の影響か、大雨です、集中豪雨に近いです。

川も地肌が見えていて、これは、昔だったら、日照りといってもいいくらいと思っていました。江戸時代に日照りにはどう対処していたのかしらなどと思いながら、干上がった川底を眺めています。

この雨で、今度は濁流が流れているのではないでしょうか。水量の多い荒れ狂った川も、安全なところから見ているのは、なんだか、時間を忘れてみてみたりします。

例えば、台風中継の荒れた海も同じで、あの激しい動き、予想できない動きにくぎ付けです。

自然は動いていますよね。静かなものが一気に激しくなってしまうのですから。

こんな感じの集中豪雨は地球環境の変化もきっと何か関係しているのでしょうね。

そう思うと、もっと環境に優しい生活をしないと、なんて思ってしまいます。

気象庁|台風や集中豪雨から身を守るために

Posted in サンの日常話
8月 9th, 2016 | No Comments »

『今ハマっている明治の偉人!~南方熊楠~』についてです。

みなさんは南方熊楠という偉人をご存知ですか?明治期に活躍した「学者」さんで、おもにキノコや粘菌類の研究で業績を上げた方です。

私がこのお方にハマるきっかけとなったのは、妖怪漫画で有名な「水木しげる」さんの「猫楠」という、この学者さんの伝記漫画を読んだのがきっかけです。

何と言ってもこの南方さんは、行動・考え方が「常人離れ」してます。

得意のキノコの研究があまりに素晴らしいので、友人に「どうしてそんなに新種のキノコを発見できるのかい?」と聞かれたところ、南方さんは「キノコが森の中で、ここに新種があると喋りかけてくるんだ。」と言ったとか・・

キノコに言語体系がある、と考えていた南方さんは間違いなく変人ですが、彼の研究業績を見るとあながちウソとも言えない。。そのくらい結果を残しているのです。

晩年には猫の言葉=「猫語」の研究まで始めた南方さん。

みなさんも伝記等に触れてみてはいかがでしょう?

ハマりますよ!

Posted in サンの日常話
7月 29th, 2016 | No Comments »

寒さに強く、冬にめったに体調を崩さない私ですが、夏の暑さに体力も奪われて今年も夏風邪をひきました。

注意しないといけないと思います。感染症情報 |厚生労働省

 

夏風邪の嫌なところは、喉にくることと長引くことです。

冬であれば温かくしていればなんとか落ち着くのですが、夏は暑すぎて身体を温めると今度は熱中症になってしまいます。

また、例年喉がなぜかやられてしまっており、真夏に声がかれてしまって、マスク着用という奇妙な自体に陥っています。

一つ救いなのは、耳鼻科がすいているということです。

今日病院に行きましたが、花粉症の春と風邪の冬とは比べ物にならないほど、すかすか。

待ち時間なしで薬局まで利用できました。

ついつい冷たいものや冷房に頼ってしまいますが、時々意外と気温の低い日もありますので、体調管理には十分注意です!

昼間は暑いのでつい油断してしまうんですよね。だけど、それが命とりになるわけです。

Posted in サンの日常話
7月 19th, 2016 | No Comments »

ソフトバンクの孫正義社長がイギリスの半導体の会社を買収することを発表していましたが、この買収については株主からは疑問の声も上がっているようですね。

良質な会社であることは間違いないかも知れないですが、今現在の株価に40%以上も上積みした買収価格は高すぎるのではないか?という声がそのなかでも最も大きいようです。

また、今現在行っている携帯電話やネット関係のビジネスと関わりから、相乗効果は期待できないのではないか?といった声もあります。

こうした不満の声がでてくるのは当然だと思います。ソフトバンクの株主からすれば。

しかし、おそらく孫社長もいっていたように、これから到来するモノとインターネットの時代を考えれば、半導体業界で独占的なポジションをとれている技術力に定評のある会社を買収することは一定のメリットがあると考えられます。

正直相乗効果がなくても、利益になれば会社としてはOKだと思うし、それと買収価格については今後の伸びしろ、業務拡大を考えれば、決して高くはない買い物だったのではないでしょうか?

Posted in サンの日常話
7月 6th, 2016 | No Comments »

熱がでてきてしまった時には、汗をかいて体がから体温が失われますよね。その時には実はビタミンやミネラルも同時に消費されて失われているんだそうです。

熱がでてしまって喉が渇いている時には水を飲むのではなくて、ニンジンジュースやリンゴジュースなどがもしかしたら体にはいいかも知れません。

レモンなんかもいいと思います。

ビタミンCやミネラルを補給できますからね。

ビタミンCには、白血球の力を強めえ、免疫力を高めてくれる作用もあるみたいだし。

また、キュウリをそこに加えるのも良いようです。キュウリには熱を冷ましてくれる作用がある他に、むくみの解消にもつながる利尿作用もあります。血液中の老廃物をスムーズに外に出してくれる、という意味ではキュウリはありですね。

血液中の老廃物を体外へと排出してくれることによって、熱がこもる原因の一つである血液の循環の悪さの改善にも貢献します。

つまる、ところ熱がでて汗をかいた時にはフルーツや野菜でビタミン、ミネラルを補給することが体には良いっていうことですね。

Posted in 健康対策
6月 22nd, 2016 | No Comments »

食中毒を予防するにはどうしたらいいでしょうか。 はじめに、生鮮食材、魚とか魚介系というものはただちに冷蔵庫に入れておくこと。

料理する際には、手とか指を入念にキレイにし、食材をしっかりと火通しすること。腸炎ビブリオとかサルモネラというもの高温には弱いです。 

口にする側の良くない事としては、善玉菌の量をアップすることが重要です。常日頃より食物繊維、すなわち、海藻とかコンニャク、豆類とか、繊維質をたっぷり摂り入れると、腸内において善玉菌の量がアップしてきます。

そうしたら、ヨーグルトとか漬け物、納豆、梅干しなどの発酵食品も摂り入れると善玉菌が増えます。これも重要です。 そして、よく喘んで唾液を出す。唾液に因る殺菌効果あで、食中毒菌はかなり死にます。よって、よく觚むことも重要だと言えます。 

また、日ごろより腹巻きをするなど行っておなかをあったかくすること。 腸の中には白血球のリンパ球という免疫細胞が体全体の70%存在しています。

お腹を温めて、免疫細胞のはたらきを強くすると、少々悪い病気が入ってきても、やっつけることができるのです。

Posted in 健康対策
6月 10th, 2016 | No Comments »

人間の筋肉の75%は「腰から下」にあるのを知っていますか。

腰から下の筋肉が弱ると、上半身の重さを十分に支えきれずに、腰やひざに負担がきます。加齢によって関節痛になるひとが増えるのはその為なんですね。

これに梅雨の湿気や冷えが重なると、腰痛の危険性が高まってきます。
 
いつもしていた何でもない動作なのに少しひねるとぎっくり腰になることだってあります。

これを防ぐにはまずは筋力を鍛えること。

国民的ば女優の故森光子さんは、85歳を超えても元気に舞台で活躍されていましたが、

毎日の日課としてスクワットをされていたそうです。
 
また、85歳の瀬戸内寂聴さんは、「もも上げ運動」をしているみたいですね。

このように下半身の筋肉を鍛えることは腰痛の予防のみならず、全身の健康や若さを保つのに効果的と言えます。
 
漢方の世界では高齢者が腰痛のときに、八昧地黄丸という薬を使うことがあります。

これは八つの生薬でできていて、五つまでが「根」の生薬です。中心になる薬が山薬。これはヤマイモのことです。あとは地黄、オモダカ、トリカブトの根、ボタンの根でできています。

人間の「腰から下」は、植物にたとえると、「根」に当たります。年とともに根が弱ってくると、腰やひざに痛みが出てくると考えているんですね。

Posted in 健康対策
5月 30th, 2016 | No Comments »

ある30代男性の高校教師がいました。

 彼は、幼いころからいわゆるやさしいいい子で、母親の自慢の息子でした。お姉さんがひ
とりいて、彼女も母親同様、この男性をかわいがり、いろいろと世話を焼いていたといいます。

成績も優秀で、なんの挫折を味わうこともなく、両親に反抗もしないまま成人した彼は、ストレートで教師という職に就いたのです。

ところが教壇に立ってみると、どうしても自信が持てない。

生徒たちの視線を感じるだけで不安になり、動悸がはげしく胸が苦しくなったのです。

それを繰り返した結果、とうとう学校に行けなくなったのです。
 

あるいは、おどおどした高校教師の男性をからかった生徒がいたかもしれません。

そんな小さな事件がきっかけで、ひとりの生徒を意識しだすと、やがて全員が自分を責めているような気持ちになって、授業どころではなくなっていったのでしょう。

男性を心配する母親は、学校を休む彼の代わりに学校に電話をかけようとしたこともあるといいます。さすがに彼も、「それはやめてほしい」と断って自分で電話をしましたが、どんなに母親になだめられても、学校に行く勇気が湧かないことに悩んだあげく、私のとこ
ろに相談にきたというわけです。

彼はまだ独身で、両親のもとで暮らしていますから、母親が生活のすべての面倒を見てく
れています。

姉は嫁いでいるので、いまはもうひとりの母親はそばにはいませんが、彼の性格は、小さいときからずっとマザコンの一途をたどってきたのです。

Posted in サンの日常話